DeNAラミレス監督、決勝アーチの梶谷を称賛 「何かやってくるのではないかと」

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

先発の井納は「期待通りのピッチングをしてくれた」

■DeNA 3-2 中日(24日・横浜)

 中日との接戦を制したDeNAが3連勝。DeNAが7安打、中日は10安打とヒットは出てもなかなか得点できない試合で勝敗を決めたのは梶谷の一発だった。ラミレス監督は「今日は何かをやってくれるのではないかと思っていた」とリードオフマンの一発を喜んだ。

 2回に2点ずつ取って以降、両チームとも走者は出すが、あと一本が出ない展開だった。試合が膠着状態になりかけた5回、この回先頭の梶谷が左翼席に飛び込む勝ち越しの本塁打を放ち、結果的にこれが決勝点となった。

 試合前の打撃練習時には、ラミレス監督が自らアドバイスし、話し込む姿も見られた。「練習の時から状態がよかった。まさかあの場面でホームランを打ってくれるとは思わなかったが、結果が出て本当によかった」と指揮官は満足そうだった。

 5回2失点で降板した先発の井納を「5回か6回まで投げ2失点ぐらいと思っていたが、期待通りのピッチングをしてくれた」と褒めたラミレス監督は「梶谷のホームランで井納が勝ち投手に慣れたのは嬉しい」と、ここでも梶谷の決勝打を評価した。

 連敗スタートだったチームは3連勝となり、広島と並んで2位タイとなった。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY