野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武今井、5回2/3、12安打7失点で降板 6回今宮に痛恨の逆転3ラン浴びる

西武の今井達也投手が24日、メットライフドームで行われたソフトバンク戦で先発し5回2/3、12安打7失点で降板となった。

ソフトバンク戦に先発した西武・今井達也【写真:宮脇広久】
ソフトバンク戦に先発した西武・今井達也【写真:宮脇広久】

2点リードの6回にソフトバンク今宮に逆転3ラン

■西武 – ソフトバンク(24日・メットライフ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 西武の今井達也投手が24日、メットライフドームで行われたソフトバンク戦で先発し5回2/3、12安打7失点で降板となった。

 練習試合で圧巻の投球を見せていた今井の今季初登板はほろ苦いものとなった。初回に上林に3ランを浴びるなどいきなり4失点スタート。その後は要所を締め5回まで得点を許さなかったが2点リードの6回につかまった。

 1死から甲斐、栗原に連打を浴び一、二塁のピンチを招くと今宮には甘く入った119キロのカーブを左翼席に運ばれる逆転の3ランを浴びた。2死からバレンティンに二塁打を浴びたところで降板。2番手には小川がマウンドに上がり得点を許さなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」