1日おきにPCR検査、延長は無死二塁で開始、ヒマワリの種禁止など…今季の特別ルール

ヤンキースの本拠地・ヤンキースタジアム【写真:Getty Images】
ヤンキースの本拠地・ヤンキースタジアム【写真:Getty Images】

MLB公式サイトが「2020年シーズンについてファンが知っておくべきこと」で詳報

 米メジャーリーグは新型コロナウイルスの感染拡大で延期となっていた2020年シーズンの開幕を7月23日もしくは7月24日(日本時間24日もしくは25日)とすることを発表した。MLB機構が強行開催に踏み切り、ここまで開幕案に難色を示していた選手会側も同意。これにより開幕が正式に決まった。

 今季はMLB機構側が提示していた通りの60試合制で実施されることに。60試合は同リーグ同地区のチームと10試合ずつ計40試合、他リーグ同地区のチーム(ア・リーグ東地区球団ならナ・リーグ東地区の球団)と計20試合を戦う。キャンプは7月1日までに選手が集合することになっている。

 MLB公式サイトでは「2020年シーズンについてファンが知っておくべきこと」とし、この60試合制で行われる今季のルールや特徴などを詳細に報じている。

○ポストシーズン
各リーグの地区優勝3チーム、ワイルドカード2チームの計5チームがポストシーズンに進出。一発勝負のワイルドカードゲーム、3勝先取の地区シリーズ、4勝先取のリーグ優勝決定シリーズ、4勝先取のワールドシリーズが行われる。

○指名打者制
通常は投手が打席に立つナ・リーグも今季は指名打者制を導入。投手にかかる負担を軽減するため。2021年シーズンについては未定。

細かな新型コロナ対策が設定、新型コロナウイルス専用感染者専用の故障者リストも

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY