野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

6連戦ラッシュで鍵を握る“イニングイーター”の存在 中日&オリに追い風?

新型コロナウイルスの感染拡大により3か月遅れで6月19日に開幕を迎えたプロ野球。開幕カード3試合が終わり、23日からは今季のポイントとなる6連戦がスタートした。

オリックス・山本由伸(左)と中日・大野雄大【写真:荒川祐史】
オリックス・山本由伸(左)と中日・大野雄大【写真:荒川祐史】

中日は大野雄と柳、オリックスは山本と山岡が昨季長いイニングを投げている

 新型コロナウイルスの感染拡大により3か月遅れで6月19日に開幕を迎えたプロ野球。開幕カード3試合が終わり、23日からは今季のポイントとなる6連戦がスタートした。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 パ・リーグはここから8月最終週まで同一カード6連戦が続く。9月からは3試合でカードこそ変わるが、6連戦に変わりはない。実に19週連続で6連戦が継続する。セ・リーグは1カード3連戦ではあるものの、日程はほとんど6連戦。セパともに過密日程をどう乗り越えるかが鍵となりそうだ。

 特に厳しくなるのが投手の台所事情だろう。ベンチ入り人数が1人増えたとはいえ、6連戦続きでは投手陣、特にリリーフ陣に大きな負担がかかると予想される。

 そこで重要になるのが先発投手、特に長いイニングを投げてくれる“イニングイーター”の存在だ。先発投手が7回、8回、そして完投と長いイニングを投げてくれれば、その日はリリーフ陣を休ませることができる。6連戦の中でそういう日が1日でも多くできれば、それはチームにとってプラスになる。

 昨季、セ・リーグで完投数が最も多かったのは広島の大瀬良で6完投。これに続くのがDeNAの今永、巨人の菅野の3完投だった。1先発あたりの投球回で見ると、最も長いイニングを投げているのは中日の大野雄。1試合あたり7.09回を投げ、チームにとってありがたい存在となっている。大野雄に続くのは今永、そして大瀬良、阪神の西、中日の柳となっている。

 パ・リーグの昨季の完投数トップはオリックスの山岡、ロッテの美馬(昨季は楽天)、ソフトバンクの千賀、そして楽天の涌井(昨季はロッテ)の4人の2ずつと多くない。1先発あたりのイニング数で最も多いのはオリックスの山本。12球団でも最長の1先発あたり7.15回を投げている。これに千賀、日本ハムの有原、オリックスの山岡と続いていく。

 昨季の数字で言えば、セ・リーグでは中日が大野雄、柳、パ・リーグではオリックスが山本、山岡と長いイニングを投げてくれる先発投手をローテに抱えていることになる。この2球団は6連戦を戦う上で2人のローテ投手が重要なウエイトを占めそう。そして昨季の通りにイニングを多く投げてくれれば、チームにとっても、救援陣にとっても大きな働きとなるだろう。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」