シーズンの行方を左右する? 故障から復活を目指すパ・リーグ球団の主力たち

楽天・則本昂大(左)とソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】
楽天・則本昂大(左)とソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】

上沢、マルティネスの先発2人を昨季欠いた日本ハム

 長いシーズンにおいて、どの球団にとっても故障者はつきものと言わざるを得ない面はある。とはいえ、仮に主力選手が長期間不在となるようなことがあれば、チームの首脳陣がシーズン前に描いていた青写真にも狂いが生じるもの。とりわけ、2019年のパ・リーグは、多くの球団が主力選手の中から長期離脱者を出すという苦難のシーズンとなった。

 もちろん、故障の影響で不本意なシーズンを送った選手たちが新シーズンに年間を通してフル稼働することができれば、チームにとっても昨季からの大きな上積みとなることだろう。今回は、パ・リーグの6球団それぞれにおいて、2019年に負傷で長期の離脱を余儀なくされた選手たちの顔触れを紹介。各選手が新シーズンで完全復活を見せてくれることに、あらためて期待を寄せたい。

○日本ハム
 投手では、昨季の開幕投手を務めた上沢直之投手と、2018年に10勝を記録したニック・マルティネス投手の2名に注目だ。両者ともに2018年にはローテーションの中心的存在としてチームを支えたが、昨季はマルティネスが開幕前に、上沢も6月中旬にシーズンを棒に振る故障を負った。今季は開幕が遅れたことも功を奏したか、両者ともにブルペンで元気な姿を見せている。先発の駒不足は終盤戦でのチームの失速の要因の1つとなっただけに、両者の復帰はチームにとっても大きな意味を持つだろう。

 野手では手術の影響で開幕から約1か月欠場した清水優心捕手や、7月から8月の1か月間における故障離脱を境に成績を落としてしまった王柏融外野手、オープン戦で骨折した影響でシーズン初出場が5月24日までずれ込んだ清宮幸太郎内野手、7月に手術を受けてシーズンを棒に振った松本剛外野手といった面々が故障の影響を受けていた。いずれも今季は自身にとっても重要な1年となってくるだけに、ケガなくシーズンを完走してほしい。

楽天は昨季、則本昂と岸だけでなく田中和基も怪我で離脱

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY