オリックス山本由伸、6回途中5失点KO 5連敗中のチームを救えず…

6回途中5失点で降板したオリックス・山本由伸【画像:パーソル パ・リーグTV】
6回途中5失点で降板したオリックス・山本由伸【画像:パーソル パ・リーグTV】

初回に3点の援護を貰いながらも5失点で降板

■ロッテ – オリックス(28日・ZOZOマリン)

 オリックスの山本由伸投手が28日、敵地ZOZOマリンスタジアムのロッテ戦で先発し、6回途中5失点でKOされた。オリックスは5連敗中で連敗ストッパーを託されたが、7連勝中のロッテの勢いを止められなかった。

 初回いきなり3点の援護をもらった山本だったが、好調ロッテに飲み込まれた。2回に味方のエラーや四球などで満塁とされ、田村に2点適時打を許して1点差に。3回には内野ゴロの間に1点を許して追いつかれると、4回にも四球からピンチを招き、藤岡に勝ち越しの適時打を許した。

 6回には四球と井上の右前安打で2死一、三塁とされたところで降板。代わった澤田が田村に適時打を許して5点目を失った。山本は5回2/3で6安打4四球で5失点。連敗中のチームを救う投球とはいかなかった。

【動画】オリックス山本由伸がつかまる… ロッテ藤岡に勝ち越しの適時打を浴びる

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY