野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武山川&日ハム中田はシーズン66発ペース 鷹の新星らセ・パ一塁手が開幕好発進

19日に開幕したプロ野球は各球団が9試合を消化した。セ・リーグ首位はリーグ連覇を目指す巨人。パ・リーグではロッテが開幕2戦目から7年ぶりとなる8連勝を飾って首位スタートした。開幕第2週を終えて目立つのが各球団の一塁手の活躍だ。

西武・山川穂高(左)と日本ハム・中田翔【写真:荒川祐史、石川加奈子】
西武・山川穂高(左)と日本ハム・中田翔【写真:荒川祐史、石川加奈子】

西武山川、日ハム中田は開幕9戦5発でシーズン66発ペース

 19日に開幕したプロ野球は各球団が9試合を消化した。セ・リーグ首位はリーグ連覇を目指す巨人。パ・リーグではロッテが開幕2戦目から7年ぶりとなる8連勝を飾って首位スタートした。開幕第2週を終えて目立つのが各球団の一塁手の活躍だ。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 パ・リーグでは西武・山川穂高内野手、日本ハム・中田翔内野手がリーグトップタイの5本塁打。両大砲ともシーズン66発のハイペース。山川は楽天・浅村と並んでリーグトップタイ13打点を記録している。パ首位のロッテは井上晴哉内野手が開幕から「7番・一塁」で先発出場。打率.375、1本塁打、7打点。21日のソフトバンク戦では満塁弾を放つなど、得点圏では5打数3安打の打率.600、7打点と勝負強さを発揮している。

 ソフトバンクは6年目で初の開幕スタメンをつかんだ新星の栗原陵矢内野手は主に1番として起用され、28日の西武戦(メットライフ)で3試合連続タイムリー。打率.359のハイアベレージでリーグ3位タイの9打点を稼ぎ出している。オリックスのT-岡田も開幕から5戦連続で1番で起用され、こちらも9打点を挙げている。

 セ・リーグでは広島の堂林翔太内野手が「7番・一塁」で先発出場した巨人戦(東京ドーム)で3年ぶりの一発。松山竜平外野手が一塁で先発した28日の中日戦(ナゴヤドーム)では左翼スタメンでバックスクリーンへ一発を放った。リーグ4位の打率.414とプロ11年目のブレークが期待される。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」