【林昌範の目】同一カード6連戦は中継ぎ陣の踏ん張りが鍵を握る 「時間は待ってくれない」

ソフトバンク・津森宥紀【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・津森宥紀【写真:藤浦一都】

ロッテは8連勝、一方オリックスは同一カード6連敗…

 林昌範です。6月19日に開幕したペナントレースは早くも明暗が分かれる結果になっています。ロッテは開幕戦黒星の後に8連勝。オリックスとの6連戦で同一カード6連勝を飾り、勢いに乗っています。

 今年は新型コロナウイルスの影響で、120試合と試合数は例年より少ないですが、6連戦が続く過密日程なので選手には心身で大きな負担がかかると思います。特にパ・リーグは同一カードで6連戦の変則日程です。8月終わりまでこの日程が続くので、各球団は戦い方に神経を使い、疲労も倍増だと思います。

 僕は現役時代に中継ぎを経験していた時期が長かったので、自然と救援陣に目が向きます。ロングリリーフ、セットアッパー、クローザーと様々な役割がありますが、救援で最も大事なのは気持ちの切り替えだと思います。長いシーズンで打たれる時は必ずあります。ただ時間は待ってくれません。次の日に試合はやってきますし、登板するかもしれない。

ソフトバンクのルーキー・津森を絶賛「球に気持ちが乗っていましたし、精神力の強い投手」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY