野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「野球の考え方が変わりました」オリ救世主・鈴木優らを生んだ中南米リーグ

プロ6年目で23歳のオリックス・鈴木優投手が1日の西武戦に先発し、5回無安打2四球無失点に抑えて念願のプロ初勝利を挙げた。2014年ドラフト9位で都立雪谷高から入団。都立高から直接プロ入りした投手が白星を挙げたのは史上初だが、転機は昨オフにプエルトリコで行われたウインターリーグへの参加だったという。

オリックス・鈴木優(左)とレイズ・筒香嘉智【写真:宮脇広久、Getty Images】
オリックス・鈴木優(左)とレイズ・筒香嘉智【写真:宮脇広久、Getty Images】

オリックス鈴木が5回無安打無失点でプロ初勝利「向こうの人たちは配球に苦しまない」

 プロ6年目で23歳のオリックス・鈴木優投手が1日の西武戦に先発し、5回無安打2四球無失点に抑えて念願のプロ初勝利を挙げた。2014年ドラフト9位で都立雪谷高から入団。都立高から直接プロ入りした投手が白星を挙げたのは史上初だが、転機は昨オフにプエルトリコで行われたウインターリーグへの参加だったという。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨オフに約2か月間、T-岡田、漆原とともにプエルトリコに派遣された鈴木。現地では6試合に先発し1勝4敗、防御率6.75と成績はパッとしなかったが、「野球に対する考え方が変わりました。プエルトリコのの人たちには、勝っても負けても野球を楽しむ姿勢がありました。たとえば、向こうの人たちは配球に苦しまない。こう投げればこう打ち取れるはず、という風にどんどんプラスに考えていき、小さくならないんです」と説明する。

 昨季までの1軍登坂は、ルーキーイヤーの2015年、翌16年、そして19年に1試合ずつの通算3試合のみ。今季は6月26日のロッテ戦で、先発の山岡が左脇腹を痛めて緊急降板した後を受け、1回1死から救援して3回2失点だった。「去年までなら、ロッテ戦も今日も、ガチガチに緊張していたと思うのですが、ワクワクして楽しかった。(プエルトリコへ派遣してくれた)球団に感謝してます。僕も6年目で勝負の年であることはわかっていますが、どうせやるなら楽しんでいこうと思っています」とラテンの風に吹かれた効果はてきめんのようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」