野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

救援陣に漂う「黄金期」の気配…3連勝の中日に専門家が感じる強竜復活の可能性

中日は2日、ナゴヤドームでの阪神戦に4-2で勝ち、同一カード3連勝とした。今季初の3連勝で勝率5割に復帰。先発したドラフト3位ルーキーの岡野祐一郎投手が5イニングを3安打2失点(自責1)にまとめてプロ初勝利を飾った。6回からは4投手による盤石リレー。2連投だった守護神の岡田俊哉投手を温存する層の厚さも見せた。

野口寿浩氏も注目する中日・福敬登【写真:荒川祐史】
野口寿浩氏も注目する中日・福敬登【写真:荒川祐史】

野口寿浩氏が語る好調の要因「リリーフが自信をつけて投げている」

 中日は2日、ナゴヤドームでの阪神戦に4-2で勝ち、同一カード3連勝とした。今季初の3連勝で勝率5割に復帰。先発したドラフト3位ルーキーの岡野祐一郎投手が5イニングを3安打2失点(自責1)にまとめてプロ初勝利を飾った。6回からは4投手による盤石リレー。2連投だった守護神の岡田俊哉投手を温存する層の厚さも見せた。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 中日戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「リリーフが自信をつけて投げていますね」。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2018年までヤクルトで2年間、バッテリコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は接戦をモノにした一因に救援陣の充実を挙げる。1点を争う展開で6回からは新助っ人のルイス・ゴンサレス投手、福敬登投手、祖父江大輔投手、ライデル・マルティネス投手の4人が1イニングずつ抑え、ルーキーに初白星をプレゼントした。

 野口氏は中でも5年目左腕の福の成長に注目する。「真っすぐがいい。打者の手元でのキレが良さそうに見えますし、打ちづらそうにしている。相乗効果で変化球も効果的になってくる」と強調。故障で一時は育成契約になりながらも、昨季52試合に登板した背番号34に対し「いい左のセットアッパーができたなという感じがします」とうなずいた。

 7年連続Bクラスと低迷する中日。近年はリードしながら終盤に逆転される展開も少なくなかったが、この日は初回に奪ったリードを最後まで守りきった。安定した試合運びに、野口氏が例えとして挙げたのが、落合博満監督のもと2004年から8年連続Aクラス入りを果たした「黄金期」の姿だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」