野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「重症なやつがいっぱい」 西武辻監督の発言に発奮した“山賊打線”のキーマンたち

西武の辻発彦監督は、零封負けを喫した1日のオリックス戦の試合後、脇腹に違和感を抱えながら2試合ぶりに出場したスパンジェンバークについて聞かれると、「大丈夫だと思う。それより重症なやつがいっぱいいるから」とボヤいていた。名指しはしなかったが、昨季は打率.329で首位打者に輝いたのに、今季は同日現在.231の不振にあえいでいた森、.133の低迷ぶりだった源田、同じく打率1割台だった木村、金子のことを言っていたのだろう。指揮官の発言に発奮したのか、翌2日の同カードでは“重症”組がそろって活躍した。

西武・森友哉【写真:荒川祐史】
西武・森友哉【写真:荒川祐史】

森1号ヒーローインタビューで「うるさっ!」

■西武 9-5 オリックス(2日・メットライフ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 西武の辻発彦監督は、零封負けを喫した1日のオリックス戦の試合後、脇腹に違和感を抱えながら2試合ぶりに出場したスパンジェンバークについて聞かれると、「大丈夫だと思う。それより重症なやつがいっぱいいるから」とボヤいていた。名指しはしなかったが、昨季は打率.329で首位打者に輝いたのに、今季は同日現在.231の不振にあえいでいた森、.133の低迷ぶりだった源田、同じく打率1割台だった木村、金子のことを言っていたのだろう。指揮官の発言に発奮したのか、翌2日の同カードでは“重症”組がそろって活躍した。

「うわっ! うるさっ!」。新型コロナウイルスの感染予防のため、西武の選手のヒーローインタビューは今のところリモートで行われている。この日お立ち台に呼ばれた森は、「放送席、放送席!」と叫ぶアナウンサーの声の音量が大き過ぎたようで、右耳にさしていたイヤホンをびっくりして引き抜いた。

 それでも機嫌は悪いはずがない。3番を任されている森は、3回に右中間席へ今季1号の同点ソロ。7回には逆方向の左中間を破る勝ち越し2点二塁打。8回には詰まりながら適時内野安打を放ち、4打数3安打4打点の固め打ちだ。「理想的な打ち方ができたのは、2本目(左中間二塁打)。逆方向に強い打球が出ることは、自分の調子のバロメーターなので。あとはたまたまですが、結果的に3本出たことが、調子を取り戻すきっかけになるんじゃないかな」とうなづいた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」