オリックス、頓宮裕真の「左脛骨の骨折」を発表 3週間のギブス固定後にリハビリへ

オリックス・頓宮裕真【写真:荒川祐史】
オリックス・頓宮裕真【写真:荒川祐史】

1日のウエスタンリーグ・中日戦で自打球を受け、痛みが引かずに病院で受診

 オリックスは3日、頓宮裕真捕手が大阪市内の病院で受診し「左脛骨の骨折」と診断されたことを発表した。今後は約3週間のギブス固定を行った後、リハビリを開始していく予定。

 頓宮は1日のウエスタンリーグ・中日戦で自打球を受け、痛みが引かなかったためこの日、大阪市内の病院で受診。CT検査の結果「左脛骨の骨折」と診断を受けた。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY