野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人
  • 好調の巨人にある1番打者問題 専門家が指摘する「条件」と原監督の思惑は?

好調の巨人にある1番打者問題 専門家が指摘する「条件」と原監督の思惑は?

首位を走る巨人は開幕から4カード連続で負け越しなしと好調をキープ。始まったばかりのシーズン、原監督は選手を試しながら、しっかりと白星を拾っている印象が強い。ひとつ課題となるのが「1番打者問題」。開幕から、吉川尚、湯浅、北村、時には亀井、そして3日の中日戦でも入った増田大が座ってきた。長年、巨人でスコアラーを務めた三井康浩氏は若い1番打者候補に「工夫」を求めた。

巨人・原監督【写真:Getty Images】
巨人・原監督【写真:Getty Images】

原野球を知る2009年WBC侍ジャパンチーフスコアラーの三井康浩氏が解説

 首位を走る巨人は開幕から4カード連続で負け越しなしと好調をキープ。始まったばかりのシーズン、原監督は選手を試しながら、しっかりと白星を拾っている印象が強い。ひとつ課題となるのが「1番打者問題」。開幕から、吉川尚、湯浅、北村、時には亀井、そして3日の中日戦でも入った増田大が座ってきた。長年、巨人でスコアラーを務めた三井康浩氏は若い1番打者候補に「工夫」を求めた。

【動画】「なんでこれが入るの」ファンも驚愕した巨人坂本の“片手1本弾“の映像

 中日先発が左腕の大野雄だったため、この日の1番は増田大だった。前日(2日)のDeNA戦(東京ドーム)では代走で盗塁を決め、好結果を残した。スタメンを勝ち取ったが、3打数無安打2三振。7回に回ってきた打席では代打を送られた。

 三井氏が指摘したのは先制のチャンスを迎えた2回2死二塁の第2打席だった。1ボールからの2球目を打ち、一飛に倒れた。「もっと持ち味を出すようなバッティングの策が欲しかったですね。もともと強振する打者ですが、あれでは、やみくもに打っていると思われてしまう」と淡白さを感じた。
 
 大野の立ち上がりは荒れ気味だったが、低めのコースにだけは序盤、決まっていた。そうとわかれば強振するのではなく「コンパクトに、ツーシーム系の球をセンターから右方向に狙う意識があってよかった。一軍の試合に出ているわけですから、そのレベルの技術は持っていないといけません。1番打者として出ているのだから、どうやって出塁するか、相手を嫌がらせるか…そういう考え方が必要かなと思います」と高い意識を持つことを求めた。

 原監督の起用を見ていると「1番打者として固められる選手を見つける、育てようと、いろいろ選手を使いながら試しているように見えます」。吉川尚に、他を寄せ付けないような成績を残してもらいたいが、状態は上がってこない。だからこそ、育成選手から這い上がった増田大のような苦労人にもチャンスをつかんでもらいたい思いもある。「今日みたいな内容は守備力も走塁力もあるのに、もったいない打席でした」。これを糧にして成長することを期待した。

 8回に代打で出場し、満塁から右中間へ3点二塁打を放った“1番経験者”の北村は右中間への意識がしっかり見られた。勝利を決定づける大きな一打は原監督の目に留まったはず。北村にもまた近く1番のチャンスが訪れるかもしれない。経験を重ねて、強さを持つような一番打者が登場する日を待ちたい。

(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」