頭部に打球直撃の田中将大、精密検査は「異常なし」 MLB公式が伝える

頭部に打球を受けたヤンキース・田中将大を心配しマウンドに集まる選手や球団スタッフたち【写真:AP】
頭部に打球を受けたヤンキース・田中将大を心配しマウンドに集まる選手や球団スタッフたち【写真:AP】

スタントンの打球が頭部に直撃→倒れ込む→NY病院で精密検査→異常なし

 ヤンキースの田中将大投手が4日(日本時間5日)、本拠地ヤンキー・スタジアムで再開されたキャンプに参加。実戦形式の投球練習でジャンカルロ・スタントン外野手の打ったライナー性の打球が頭部に直撃するアクシデントがあった。その後、ニューヨーク市内の病院で精密検査を受け、「異常なし」と診断された。大リーグ公式サイトのヤンキース番、ブライアン・ホック記者が伝えた。

 ホック記者によると、田中は現在病院にいるが、この日のうちに退院できる見込み。今後は試合で頭部に死球を受けた打者や、今回の田中のように投手ライナーが頭に直撃した選手の健康面をケアーするための「コンカッション(脳震盪)プロトコル」に沿って対応を進めていくという。

 この日はヤンキースのキャンプ再開初日だった。ヤンキース広報部はツイッターで「マサヒロ・タナカは実戦形式の打撃/投球練習の最中に頭に打球が直撃した。彼は注意が必要な状態だが、返事はでき、自力で歩けている。さらなる診断と検査のためにニューヨーク市内の病院へ向かっている」と伝えていた。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY