なぜ獅子のサブマリンはまだ未勝利なのか? 専門家が語る勝てない投手の“あるある”と課題

5日のオリックス戦に先発した西武・與座海人【写真:荒川祐史】
5日のオリックス戦に先発した西武・與座海人【写真:荒川祐史】

野口寿浩氏が指摘する與座のポイント「あの1アウトが取れていたら…」

 西武は5日、本拠地のメットライフドームでのオリックス戦に5-8で敗れた。カード負け越しを喫し、勝率5割に逆戻り。今季3試合目の登板となった先発の與座海人投手は、6回途中3失点で今季2敗目となった。開幕から大崩れしていない「サブマリン」だが、なかなかプロ初勝利には手が届いていない。

「あの1アウトが取れていたら、試合展開も変わっていたかもしれませんね」

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2018年までヤクルトで2年間、バッテリコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏が振り返ったのは、オリックス1点リードで迎えた6回2死一塁の場面。與座は、打率1割台の8番・後藤駿太外野手に高めの直球を左前に弾き返され、一、二塁とピンチを拡大。そこで降板が告げられ、田村伊知郎投手が2番手として登板した。その直後にタイムリーを許してビハインドは2点に。さらに、イニングをまたいだ田村は7回に5連打を許して4失点。接戦の展開が一転、敗色ムードを濃くした。

「與座が後藤を抑えていれば、7回からの継投も変わったかもしれない。そのまま田村がいったとしても、イニングの頭からいけたわけですから」と野口氏は言う。たとえ、與座はリードを許した状況で降板したとしても、7回のビッグイニングは防げたかもしれない。火がついたら止まらない山賊打線を持っているチームなだけに、試合を決するきっかけになった攻防がもったいなかった。

「先に点を取られる。点を取ってもらった後に取られる。やってはいけない野球のセオリー」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY