大谷翔平の674日ぶり実戦登板に指揮官期待「気持ちよくマウンドに上がれるか」

サマーキャンプで練習を行うエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
サマーキャンプで練習を行うエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

674日ぶりの実戦登板は2、3イニングを投げる予定

 エンゼルスの大谷翔平投手が7日(日本時間8日)に本拠地で行われる紅白戦で“開幕投手”を務める。試合で登板するのは2018年9月2日(同3日)の敵地・アストロズ戦で先発して以来674日ぶり。同年10月に右肘手術を受けて以来、初のマウンドとなる。

 開幕から二刀流と期待される26歳は復帰戦で2、3イニングを投げる予定だ。マドン監督はオンライン会見で「球数と大谷自身が気持ち良くマウンドに上がれるかどうか。予定されている球数を投げられ、マウンドを降りる際に彼が満足した様子であれば、とても嬉しい。この2つが特に重要なことだ」と話した。相手先発のヒーニーは4イニングを投げる予定。

 選手に義務付けられていた新型コロナウイルス検査の結果が出ていないため、この日のキャンプは自主練習となった。大谷は13時過ぎに球場入りし、80メートルの遠投や立った捕手への投球など約2時間の練習を行った。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY