最速161キロも鷹・千賀に募った不満 復帰戦を指揮官、敵将、本人はどう見たか?

楽天戦で今季初先発初勝利を挙げたソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
楽天戦で今季初先発初勝利を挙げたソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

右前腕部の張りから復帰し、5回3失点で勝利投手となった千賀

■ソフトバンク 4-3 楽天(7日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの千賀滉大投手が7日、本拠地PayPayドームで行われた楽天戦で今季初先発し、5回3失点で今季初勝利をマークした。右前腕部の張りからの復帰戦を白星で飾った千賀は試合後に「今日は野手や中継ぎの人たちのおかげです」と、援護してくれた打線と、リードを守り抜いたリリーフ陣に感謝の言葉を並べた。

 初回、先頭の茂木に対しての初球は159キロをマーク。そこから159キロを連発すると、4球目には自己最速タイの161キロをマークした。だが、2番の鈴木に左前安打とされると、浅村に四球を与え、島内にはセンター柳田の頭上を越す二塁打。いきなり2点を失う苦しい立ち上がりとなった。

 味方打線の援護により逆転に成功するも、3回には浅村に、この日初めて投じたカーブを捉えられて左翼スタンドへソロを被弾した。ただ、なんとか同点で食い止めると、5回に柳田が再び勝ち越しの適時打。この回限りで千賀は降板すると、6、7回は高橋礼、8回はモイネロ、9回は森が無失点に封じ、千賀の下に白星がやってきた。

 今季初登板で初勝利。ただ、千賀自身の自己評価はすこぶる悪かった。今季初登板、しかも無観客開催。どことなく集中力に欠けていたよう。試合後、自身で「集中しようと思っている時点で集中できていない自分がいたり、自分との会話が増えているのにも気付いていました」と、明かした。

復帰戦で勝利した千賀を工藤監督、楽天の三木監督はどう見たか?

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY