待望の2年ぶりアーチ ロッテ・安田の完璧弾にファン歓喜「この時を待っていた」

ロッテ・安田尚憲【写真:荒川祐史】
ロッテ・安田尚憲【写真:荒川祐史】

本拠の西武戦に7番でスタメン出場し、右翼席へ2ラン

■ロッテ 8-6 西武(7日・ZOZOマリン)

 ロッテの安田尚憲内野手が待望の今季1号を放った。本拠地の西武戦に「7番・三塁」でスタメンに抜擢。4-2と2点リードの6回1死一塁から、西武先発の高橋光から右翼席へ2ランを放った。

 この日まで安田は出場8試合で20打数1安打、打率.050と低迷。第1打席、第2打席ともに三振に倒れていた。3打席目はうまくフォークをとらえ、2年ぶりの本塁打とした。

 期待の大砲が放った久しぶりの一発にファンも喜び。このアーチを動画で紹介した「DAZN(ダゾーン)」のツイッターには「最高のホームラン」「おじさん嬉しくて泣きそうだよ、どうにか今年覚醒してくれ」「我々はこの時を待っていた」とコメントが寄せらていた。

【動画】「嬉しくて泣きそう」になるほど完璧 ロッテ・安田の本塁打の実際の映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY