日本ハム、野村佑希の右小指手術終了を発表 1週間程度の入院で全治3か月の見通し

日本ハム・野村佑希【写真:石川加奈子】
日本ハム・野村佑希【写真:石川加奈子】

7日のオリックス戦(京セラドーム)の4回の守備で捕球時に右手小指を負傷

 日本ハムは8日、野村佑希内野手がが東京都内の病院で右小指関節内骨折骨片接合術を受け、無事に終了したことを発表した。今後は1週間程度入院し、全治3か月の見通し。

 野村は7日のオリックス戦(京セラドーム)の4回の守備で捕球時に右手小指を負傷し「右第5指基節骨の骨折」と診断されていた。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY