イチロー氏が語る親孝行とは? 「こちらが考える行動が、イコールにはならない」

イチロー氏が“先生”となり“生徒”の質問に答える動画が公開に【写真提供:SMBC日興証券株式会社】
イチロー氏が“先生”となり“生徒”の質問に答える動画が公開に【写真提供:SMBC日興証券株式会社】

「親孝行の仕方を教えてほしい」との質問に、イチロー氏が出した“極論”

 オリックス、マリナーズ、ヤンキース、マーリンズで活躍したイチロー氏が“先生”となり“生徒”の質問に答える話題のシリーズ「おしえて! イチロー先生」。SMBC日興証券株式会社が、6月23日にYouTubeチャンネルで公開した全27本の動画には、子供から大人まで幅広い年齢層からの質問が集まり、イチロー氏が自身の経験を基に回答している。

 同社が公開したWEB動画は昨秋の「人生100年 イチローすごろく」に次ぐ第2弾。イチロー氏が先生役として教壇に立ち、小学生から70代までの“生徒”からの悩み相談に答える形となっている。今回は「大人」編の中から、「親孝行ってどうやればいいですか?」との質問にイチロー氏が出した答えを紹介する。

 質問者からの「親孝行の仕方を教えてほしいです」との問いに「親孝行って受け手側の解釈なので。こちらが親孝行したいっていう行動が、イコールにはならないんですよね」と持論を語った。

 続けて、「僕は親の経験がないですけど、極論を言えば元気に健康に暮らしていたら、それが一番いいんじゃないかなって。親だったら思うんじゃないかなって、想像するんですよね」と一言、一言、ゆっくりと噛みしめながら質問者に語りかけた。

 最後に気持ちを込め、「だから、何かをしてあげたいという思いはもちろん、大切だと思うんですけど、でも何かを具体的にしなくたって、元気だったらいんじゃないんですか?」と元気でいることが何よりの親孝行になると語った。“生徒役”の大人たちはその言葉に心が満たされたかのようにうなづいていた。

【動画】「何かをしてあげたいという思いはもちろん大切だけど…」“イチロー先生”が出した答えに大人たちも納得した実際映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY