大谷と菊池の対決は「カレンダーにマークすべき」 海外メディアが注目の一戦と紹介

共に花巻東高校出身のマリナーズ・菊池雄星とエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
共に花巻東高校出身のマリナーズ・菊池雄星とエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

日本人最速を誇る右腕と左腕は、花巻東では先輩後輩の関係にあたる

 大谷翔平と菊池雄星の日本人対決は実現するか。カナダのスポーツ専門メディア「ザ・スコア」がMLB各球団の今季注目の一戦を特集。マリナーズ対エンゼルスのカードでは、2人の日本人投手の対決を見どころとして挙げている。

 7月23日(日本時間24日)の開幕に向け、各球団が調整を続けているMLB。記事では「野球がもうすぐ戻ってくる。短縮されたMLBのシーズンでは、全てのシリーズで、緊迫感が増すだろう。チームは、一瞬の失敗も許されない状況だ」と伝えつつ「どの球団のファンでも、楽しみにしている試合があるだろう。ここでは、カレンダーにマークをすべき各球団の1シリーズを紹介する」として、各球団注目のカードを紹介している。

 7月28日~30日(日本時間29日~31日)に行われるマリナーズ対エンゼルスのカードでは「日本のスターである、ユウセイ・キクチとショウヘイ・オオタニの魅惑の投球対決を見ることができるかもしれない。オオタニは、トミー・ジョン手術から完全に回復しているはずだ。キクチは、シアトルの5600万ドル(約61億円)の投資が“間違い”ではなかったことを証明しなければならない」とし、2人の日本人投手の対決を見どころに挙げた。

 日本人右腕最速165キロの大谷、同じく左腕最速158キロの菊池の対決が実現すれば、日本でも話題となることは間違いなし。花巻東の先輩後輩にもあたる2人がどんな投げ合いを見せるのか。今から楽しみは尽きない。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY