大谷翔平、腰の張りも軽症強調「良くなっている」紅白戦では痛烈二塁打

紅白戦で二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:盆子原浩二】
紅白戦で二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:盆子原浩二】

マドン監督も軽症を強調「昨日話した感じでは調子は良さそうだ」

 エンゼルスのジョー・マドン監督が11日(日本時間12日)、大谷翔平投手が腰の軽い張りを訴えていると明かした。練習前にオンライン会見に応じ、「この前の練習からちょっと腰が張っていたけれど、昨日話した感じでは調子は良さそうだ。これから彼と話して様子を見るけど、来週の練習には復帰できるだろう」と話した。大谷は「腰は日々良くなってきています。今日はあまり症状(張り)もなかったので、(張りは)もう過ぎたのだと思います」と軽症を強調した。

 この日はキャッチボール後にブルペン入り。全力投球ではなかったものの、座った捕手に37球を投げた。その後、変則ルールで行われた紅白戦では、打者としてキャンプ再開後初出場。一塁走者を置いた第1打席では救援ノエ・ラミレスから左翼線へライナーで打ち返す二塁打を放ち、初安打をマークした。第2打席以降は一ゴロ、遊ゴロ、見逃し三振で4打数1安打だった。大谷は「ブルペンはもともと今日投げる予定だったので、状態も良かったので投げてみました。その後コーチたちから『打ってみないか』と言われたので、体の状態も良かったので打ってみました」とコメントした。

 大谷は7日の紅白戦で674日ぶりに試合登板。18年10月に右肘のトミー・ジョン手術後初めて試合形式の登板では50球を投げ、1安打、1三振7四球だった。8、9日と2日連続で有酸素運動など軽めの調整を行い、10日にはキャッチボールや室内での打撃練習に取り組んでいた。

【動画】腰の軽い張りも問題なし? エンゼルス大谷翔平が紅白戦初打席で左翼線二塁打を放った実際映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY