野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 楽天
  • 首位・楽天は「負けても強い」 投打で充実の選手層も専門家が指摘する唯一の懸念は

首位・楽天は「負けても強い」 投打で充実の選手層も専門家が指摘する唯一の懸念は

パ・リーグ首位の楽天は11日、敵地PayPayドームでソフトバンクに4-8で敗れ、今季初の連敗を喫した。先発の岸孝之投手が5回4失点、同点で迎えた終盤には盤石のリリーフ陣が崩れた。ただ、敗戦の中にも“ただでは負けない”攻守の厚みを見せた。

楽天・三木肇監督【写真:荒川祐史】
楽天・三木肇監督【写真:荒川祐史】

野球解説者の野口氏は「力が落ちる投手がいない」とブルペン陣を絶賛

■ソフトバンク 8-4 楽天(11日・PayPayドーム)

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 パ・リーグ首位の楽天は11日、敵地PayPayドームでソフトバンクに4-8で敗れ、今季初の連敗を喫した。先発の岸孝之投手が5回4失点、同点で迎えた終盤には盤石のリリーフ陣が崩れた。ただ、敗戦の中にも“ただでは負けない”攻守の厚みを見せた。

「悲観しなきゃいけないチーム状態に全然ない。負けても強いと思わせるチームですね」。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2018年までヤクルトで2年間バッテリコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、楽天の充実ぶりを強調する。

 まずは投手陣。先発の岸が降板し、迎えた同点の6回には牧田和久投手をマウンドへ。続く7回には、先頭の柳田悠岐外野手に対して左腕の辛島航投手をぶつけた。柳田には四球となったが、バレンティンを打席に迎えたところで、すかさず右腕のJT・シャギワ投手にスイッチ。結果的にシャギワが誤算で勝ち越しを許したものの、野口氏は「出てくるリリーフの中にちょっと力が落ちるなという投手がいない。迷わず使っていける上に、勝ちパターンの投手もまだ残っている」とブルペン陣の強さを挙げる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」