野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・工藤監督が期待する次なる星 5点差の9回に4日前炎上の笠谷を登板させた狙い

12日の楽天戦に6-1で快勝し、今季初の3連勝とした昨季の日本一球団ソフトバンク。この試合では先発の石川柊太投手が7回まで1失点と好投し、打線も柳田悠岐外野手の先制ソロなどで中盤までに6点を奪ってリードを広げた。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

高橋礼の8回は「しっかり抑えたかったというのがある」

 12日の楽天戦に6-1で快勝し、今季初の3連勝とした昨季の日本一球団ソフトバンク。この試合では先発の石川柊太投手が7回まで1失点と好投し、打線も柳田悠岐外野手の先制ソロなどで中盤までに6点を奪ってリードを広げた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 その終盤、密かに注目していたのが、ソフトバンクの投手起用だった。リードは5点ある。そしてこの日は6連戦の6試合目。翌日は移動日で試合がない。勝ちパターンの投手を送り込んで万全を期して逃げ切りを図るのか、それとも勝利の方程式を温存して、別の投手で乗り切ろうとするのか。ここで工藤公康監督はちょっと意外な起用をした。

 8回にはここ最近セットアッパーで起用している高橋礼投手を送った。こちらは“勝ちパターン”の投手だ。ただ、9回にはリバン・モイネロや守護神の森唯斗ではなく、この6連戦の第2戦で先発し、2回7失点でKOされていた笠谷俊介投手を登板させたのだった。

 試合後、工藤公康監督はまず、この試合を逃げ切るポイントとして、8回の守りを挙げた。6番のロメロから下位打線に続いていく打順。指揮官は「あそこの回はしっかり抑えたかったというのがあります。あそこで1点でも取られると、また9回に、という風にもなりかねない。8回だけはしっかり抑えたかったというのがあります」。8回をゼロに抑えることを重視し、勝ちパターンの一角である高橋礼を投入した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」