野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

キャリア最高のペースで打ちまくる鷹・柳田 工藤監督でさえ感じる“凄さ”とは?

12日にPayPayドームで行われた楽天戦で初回に先制の8号ソロを放ったソフトバンクの柳田悠岐外野手。楽天先発の石橋が投じた低めの真っ直ぐをすくいあげた打球は弾丸ライナーとなって左中間のホームランテラス席へと突き刺さった。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

楽天バッテリーは執拗に内角を攻めるも、打率.455と打ちまくった柳田

■ソフトバンク 6-1 楽天(12日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 12日にPayPayドームで行われた楽天戦で初回に先制の8号ソロを放ったソフトバンクの柳田悠岐外野手。楽天先発の石橋が投じた低めの真っ直ぐをすくいあげた打球は弾丸ライナーとなって左中間のホームランテラス席へと突き刺さった。

 打った瞬間は外野の間を抜けるか、フェンス直撃か、と思わせる打球だったが、そのままスタンドインに。衝撃的な打球に、試合後、工藤公康監督でさえ「見る限りフェンス直撃かな、と思ったんですけど……。さすが柳田くん。素晴らしいパワーでした」と驚きを隠せなかった。

 この一発で7日から始まった楽天との6連戦で実に5本目の本塁打となり、本塁打争いでトップの浅村に1本差に迫った。この日は3打席目、4打席目にも安打を放っており、この6試合は22打数10安打5本塁打8打点。打率.455と存分に暴れ回り、チームの今季初の3連勝、そしてカード勝ち越しを導いた。

 5本塁打という数字もさることながら、この6連戦で柳田が見せた打撃の内容は衝撃的なものだった。なぜなら、楽天バッテリーから執拗なマークに遭いながら、それを返り討ちにして結果を残し続けたのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」