“もう一つのプロ野球”から“一つのプロ競技”へ eBASEBALLのビジネス化に迫る

「eBASEBALL プロリーグ」が目指すビジネス化への取り組みとは【写真提供:(c)Nippon Professional Baseball / (c)Konami Digital Entertainment】
「eBASEBALL プロリーグ」が目指すビジネス化への取り組みとは【写真提供:(c)Nippon Professional Baseball / (c)Konami Digital Entertainment】

数少ないeスポーツビジネス化への挑戦、eスポーツが日本で定着するには?

「eBASEBALL プロリーグ」は、一般社団法人日本野球機構(以下、NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、KONAMI)の共催という形で発足した「実況パワフルプロ野球」(以下、パワプロ)のプロ野球 eスポーツリーグ。そのリーグのこれまでの軌跡とこの先の展望について、主催のNPB、KONAMIを代表して谷渕弘氏(KONAMI/eBASEBALL プロリーグ 統括プロデューサー)にインタビューを行った。

 第4回は「“もう一つのプロ野球”のこれから」。「eBASEBALL プロリーグ」が目指すビジネス化への取り組みや今後の競技の広がりについて取り上げる。

 2019シーズンには新たな取り組みとして、球場内のバーチャル看板、音声広告などを導入。球場の売り子さんが実際に商品を売っているような音声広告は印象的だった。他にも看板直撃賞やホームラン賞などのコラボ企画も実施。プロ野球と同様にチケットやグッズの販売も行い、今後もさらなる収益化への検討を進める。同時に、人がいなくてはビジネスは成り立たない。ファンの獲得、そして競技人口の拡大は大きな課題だ。「ビジネス面はまだまだ厳しいです」と谷渕氏は切り出す。

「まだまだ日本では、ゲームは遊びであり、スポーツではないという考えが根強いです。ただ、草野球のように、実際に体を動かすスポーツでも、競技としてではなく趣味として楽しんでいる人もいます。eスポーツがプレイヤーだけではなく、さまざまな視点で楽しんいただけるというものだという理解が進めば、日本でのeスポーツの裾野も広がってくるのではないかと思います」

さまざまなゲーム大会のなかで「eBASEBALL プロリーグ」にしかない魅力とは

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY