巨人高田萌生と楽天高梨雄平のトレード成立を発表 20日間で2度目の交換トレード

巨人・高田萌生(左)と楽天・高梨雄平【写真:Getty Images、荒川祐史】
巨人・高田萌生(左)と楽天・高梨雄平【写真:Getty Images、荒川祐史】

楽天へ移籍する高田、巨人移籍の高梨の背番号は共に「53」となる

 巨人の高田萌生投手と楽天の高梨雄平投手の1対1の交換トレードが合意に達した。両球団が14日に発表した。楽天へ移籍する高田の背番号は「53」、巨人移籍の高梨も背番号「53」となる。

 22歳の高田は創志学園高から16年ドラフト5位で巨人入り。18年に1軍デビューし、昨季は2試合登板、防御率5.40で勝ち負けは付かなかった。プロ通算3試合登板、0勝1敗、防御率11.57。イースタン・リーグでは18年に最優秀防御率、最多勝、最高勝率のタイトルを獲得している。高校時代には「松坂2世」と期待され、将来を嘱望されている最速154キロ右腕だ。

 28歳の高梨は社会人JX-ENEOSから16年ドラフト9位で楽天入り。17年から中継ぎ左腕として活躍し、18年には70試合登板、1勝4敗1セーブ、16ホールド、防御率2.44をマークした。昨季は48試合登板し、2勝1敗14ホールド、防御率2.30。プロ通算では164試合登板、4勝5敗1セーブ、44ホールド、防御率1.90と実績は豊富だ。左のセットアッパーとして期待される。

 両球団は6月25日にゼラス・ウィーラー内野手と池田駿投手の交換トレードを発表したばかり。20日間で2度目の交換トレードとなった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY