野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【森脇浩司の目】鷹千賀、初回3四球大荒れも復調を感じた訳 “縦振り”と“手首の立ち”

ソフトバンク、オリックスともに3連勝と好調のチームの戦いは終わってみれば17安打10得点でソフトバンクが快勝した。今季2度目の登板となったエース・千賀が初回に2失点と不安定な立ち上がりを見せたが6回2失点と試合を作った。ダイエー、ソフトバンク、中日でコーチを務め、オリックスでは監督も務めた森脇浩司氏は千賀に復調の気配を感じていた。

ソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】

初回にタイムリー、押し出し四球で2失点もその後は危なげない投球を見せた千賀

■ソフトバンク 10-3 オリックス(14日・京セラドーム)

 ソフトバンク、オリックスともに3連勝と好調のチームの戦いは終わってみれば17安打10得点でソフトバンクが快勝した。今季2度目の登板となったエース・千賀が初回に2失点と不安定な立ち上がりを見せたが6回2失点と試合を作った。ダイエー、ソフトバンク、中日でコーチを務め、オリックスでは監督も務めた森脇浩司氏は千賀に復調の気配を感じていた。

 千賀は初回、2死一塁からジョーンズ、T-岡田に連打を浴び1点を失うと連続四球で押し出し。いきなり2点を失い同点に追い付かれた。150キロ後半の直球をマークするなどボール自体に力はあったが大荒れの展開を予想させる立ち上がりだった。

「初回が得意な投手はまずいない。パワーピッチャーは尚更でどうしても立ち上がりがポイントになる。前回同様に初回2失点のスタートとなったが同点までに抑えリードを許さなかったこと、2回に味方が1点を取ると下位打線とはいえ3者凡退で抑え続く3回も無失点で切り抜けゲームを落ち着かせたことが勝利に導く“エース”として最低限の役割を果たすことになった」

 初回だけで3四球を与え37球を費やしたが、その後は危なげない投球を見せ最終イニングとなった6回は3者連続三振で締めくくった。中6日、しかも6連戦のカード頭で5回を持たず降板することを許さなかった。7日・前回登板の楽天戦は5回3失点、そして2度目の登板は6回2失点。まだ、本調子とは言えないが森脇氏は復調の気配を感じ取っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」