「ピノ級の足」「気迫」 阪神ガルシア、執念のセーフティバントに虎党絶賛

阪神のオネルキ・ガルシア【写真:荒川祐史】
阪神のオネルキ・ガルシア【写真:荒川祐史】

投げては5回まで2失点と粘り強い投球を見せる

■阪神 – ヤクルト(15日・甲子園)

 阪神のオネルキ・ガルシア投手が15日、甲子園で行われたヤクルト戦に先発。5回まで2失点の粘投を見せているが打撃でも気迫あふれるセーフティバントを見せファンからは「ピノ級の足」と絶賛の声が上がっている。

 ガルシアは初回に1死一、二塁から村上に右前タイムリー、西浦に右犠飛を浴びいきなり2失点。だが、その後は走者を背負いながらも要所を締め5回まで5安打2失点と粘り強い投球を見せた。

 そして1点を追う5回。先頭で打席に立つと三塁線へセーフティバントを試みる。ガルシアは一塁へ全力疾走で駆け抜け執念の内野安打を奪った。左足を痛がるそぶりをみせたが、そのまま走者として残りプレーを続行した。

 ガルシアのバントと激走を「DAZN」公式ツイッターも動画で公開。これには虎党からも「ピノ級の足」「ガルシア頑張ってる」「ナイスバント」「バント上手い!」「気迫」と絶賛の声が上がっていた。

【動画】「ピノ級の足」と虎党も絶賛! 阪神ガルシアの“技あり”セーフティーバント&激走

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY