野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「これが人生を変えました」 NPB通算464発ローズ氏が明かす打撃フォームの進化

過去4回にわたって連載してきた外国人OB選手インタビュ―。第5回はNPB史上最もインパクトを残した外国人選手と言っても過言ではないOB、タフィ・ロ―ズ氏のインタビューをお届けする。まずは前編。

近鉄、巨人、オリックスで活躍したタフィー・ローズ氏【画像:パーソル パ・リーグTV】
近鉄、巨人、オリックスで活躍したタフィー・ローズ氏【画像:パーソル パ・リーグTV】

近鉄時代の監督・梨田氏は「本当に素晴らしい指導者でした」

 過去4回にわたって連載してきた外国人OB選手インタビュ―。第5回はNPB史上最もインパクトを残した外国人選手と言っても過言ではないOB、タフィ・ロ―ズ氏のインタビューをお届けする。まずは前編。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 1996年に来日し、13年間のNPB生活で残した本塁打数464本は、今なお外国人選手として歴代1位。4度の本塁打王を獲得し、外国人選手では初となる1000打点の記録を達成(通算1269打点)、そしてNPB歴代最多となる14回の退場処分と、まさに記録にも記憶にも残る選手だった。

――現在はどちらで暮らしていて、何を?

「現在はオハイオ州・シンシナティとアリゾナに住んでいます。今は何もしていないですよ(笑)」

――日本にいる多くのファンは本塁打のイメ―ジが強い。近鉄での最初の3年間は2桁盗塁と20本塁打以上をマ―ク。4年目のシ―ズンでは一気に40本のホームランを記録した。

「トレーニングをして身体を大きくしたのです。より強くなるために。そして、多くの和牛を食べたからですかね。神戸牛とか。最高ですよね、ハハハハ! やはり、年を重ねるにつれ身体を大きく、そして強くしていったからだと思います」

――2000年から2003年まで梨田昌孝監督(当時)の元でプレー。そして2001年にはリーグ優勝を経験した。

「佐々木(恭介)さんが最初の監督でしたね。そして梨田さんですが、彼は理解力に富み、本当に素晴らしい指導者でした。彼は選手一人一人を本当によく気にかけてくれていました。彼はとても勤勉で、そして忍耐強かったと思います。選手に余計なプレッシャーをかけず、我々選手たちはいい環境でプレーすることができました」

――梨田氏は新型コロナウイルスに罹り、一時危険な状態だった

「梨田さんは私が所属していたチームの偉大な監督です。彼の元でプレーするのが大好きでした。現在は回復されているということで本当に良かったです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」