大谷翔平、紅白戦で3番スタメン 試合前に周囲圧倒の130メートル弾

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

紅白戦の主力組は2番トラウト、3番大谷、4番レンドン

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地で行われる紅白戦で主力組の「3番・指名打者」で先発出場する。主力組スタメンの2番にトラウト、4、5番にはレンドン、プホルスが入り、ほぼベストメンバーとなった。

 打撃練習では周囲をあっと沸かせた。26スイングで7本の柵越えを記録。最後の1本は右中間最深部に飛び込む推定130メートルの特大弾だった。

 打撃練習前には水原通訳を相手にキャッチボール。軽めの投球で約50球を投げた。次回の登板日はまだ決まっていない。

【本拠地組】
(二)フレッチャー
(中)トラウト
(指)大谷翔平
(三)レンドン
(一)プホルス
(左)アップトン
(右)グッドウィン
(遊)シモンズ
(捕)スタッシー
投手 ロドリゲス

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY