野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

浅村VS西武、金子VSオリ… 因縁つきまとう古巣対決、移籍組の相性は?

移籍には「古巣対決」がつきものだ。応援していた選手が他球団へ移籍し、複雑な気持ちで試合を見守るファンも少なくないだろう。選手にとっても特別な気持ちで臨むであろう元チームメイトとの対決はどのような結果を生むのだろうか。

日本ハム・金子弌大(左)と楽天・浅村栄斗【写真:石川加奈子、荒川祐史】
日本ハム・金子弌大(左)と楽天・浅村栄斗【写真:石川加奈子、荒川祐史】

オリックスの増井は昨季、古巣日本ハムとの相性は最も悪かった

 移籍には「古巣対決」がつきものだ。応援していた選手が他球団へ移籍し、複雑な気持ちで試合を見守るファンも少なくないだろう。選手にとっても特別な気持ちで臨むであろう元チームメイトとの対決はどのような結果を生むのだろうか。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 今回は2018年、2019年に移籍した増井浩俊投手(オリックス)、金子弌大投手(日本ハム)、浅村栄斗内野手(楽天)、ブランドン・レアード内野手(ロッテ)をピックアップし、2019年シーズンにおける古巣との対戦成績で相性の良かった選手、悪かった選手を紹介したい。

オリックス・増井浩俊と日本ハム打線の対戦成績【画像:パーソル パ・リーグTV】
オリックス・増井浩俊と日本ハム打線の対戦成績【画像:パーソル パ・リーグTV】

・増井浩俊VS日本ハム打線

 2017年オフに日本ハムからオリックスへFA移籍した増井浩俊投手。移籍2年目となる昨シーズンは史上2人目、パ・リーグでは史上初となる“150ホールド&150セーブ”という偉業を成し遂げたが、不安定な投球内容から、クローザーの座をディクソン投手に奪われるなど悔いが残るシーズンでもあった。

 対パ・リーグチーム別成績においては日本ハム相手にワーストの防御率(7.56)だった。近藤健介外野手や西川遥輝外野手、王柏融外野手といった左打者との相性が悪く、右打者の大田にも2本塁打を浴びている。ただ、今季の日本ハム戦は7月9日の試合で2回を投げ、3奪三振無失点のパーフェクトリリーフ。11日も1回を無失点に抑えており、ここまでは昨季とは異なる内容となっている。

日本ハム・金子弌大とオリックス打線の対戦成績【画像:パーソル パ・リーグTV】
日本ハム・金子弌大とオリックス打線の対戦成績【画像:パーソル パ・リーグTV】

・金子弌大VSオリックス打線

 2019年に日本ハムの一員となった金子弌大投手は古巣のオリックス打線を完全に封じ込めた。昨季挙げた8勝のうち5勝がオリックスから。京セラドーム、ほっともっと神戸で2試合ずつ投げて計4勝、どちらの球場でも防御率0.00という数字を残し、その相性の良さを見せつけた。また、オリックスから勝ち星を挙げたことで史上18人目の全球団勝利を達成している。

 2020年シーズンの対オリックス戦は、7月7日に中継ぎとして登板し、昨年も被打率.364と苦手としていた吉田正尚外野手に被弾するなど2回3失点。11日には「ショートスターター」として今季初先発し2回1失点だった。今年は吉田正選手への苦手意識を払拭したいところだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」