野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

飛びすぎて右翼天井直撃! 鷹・柳田が衝撃のアーチに「良いスイングで打てた」

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が18日のオリックス戦の6回、京セラドーム天井直撃の驚愕弾を放った。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:福谷佑介】

先制の一発に「柊太(石川)が良いピッチングをしていたし…」

■オリックス – ソフトバンク(18日・京セラドーム)

【動画】とんでもないくらい飛びすぎて右翼天井に…“柳田史上”屈指の飛距離? 9号アーチの実際の映像

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が18日のオリックス戦の6回、京セラドーム天井直撃の驚愕弾を放った。

 0-0の6回2死。柳田はオリックス先発左腕の田嶋と対戦。カウント2-2から6球目、139キロのボールをかっ飛ばした。打球は右翼席へと向かったが、なんと天井に当たった。特大アーチに場内騒然となった。

 超特大弾に打った本人は至って冷静。「打ったのはストレートです。自分の良いスイングで打つ事が出来ました。柊太(石川)が良いピッチングをしていたし、先制出来て良かったです」とコメント。球界トップクラスの打球の飛距離を持つ柳田にしても、“指折り”のアーチと言えそうだが、自身にとってはここまで打った166本のうちの1本に過ぎないようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」