野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

抜群の判断力が光った“甲斐キャノン” 犠打を許さない鬼肩に球場沸く

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が19日、京セラドームで行われたオリックス戦で“甲斐キャノン”を炸裂させた。

捕手前のバントにすぐさま反応し、二塁進塁を阻止したソフトバンク・甲斐拓也【画像:パーソル パ・リーグTV】
捕手前のバントにすぐさま反応し、二塁進塁を阻止したソフトバンク・甲斐拓也【画像:パーソル パ・リーグTV】

捕手前のバントにすぐさま反応し、二塁進塁を阻止

■オリックス – ソフトバンク(19日・京セラドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が19日、京セラドームで行われたオリックス戦で“甲斐キャノン”を炸裂させた。

 盗塁阻止だけじゃない、抜群の判断力と強肩でピンチを防いだ。3回の守備。無死一塁の場面でオリックス西浦がバントした打球は捕手前のゴロに。甲斐はすぐさまマスクを外し捕球すると二塁へ矢のような送球を見せ、ギリギリのところでアウトを奪った。

 その後は先発の二保が2死満塁のピンチを背負ったがジョーンズを遊ゴロに仕留め無失点。ホークスは7回に柳田のタイムリーで先制点を奪った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」