野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武平良、自己最速更新の160キロもマークも… 直後に同点打&満塁弾を浴びる

西武の平良海馬投手が19日、楽天生命パークで行われた楽天戦に7回途中から3番手として登板。無死満塁のピンチで対戦したロメロに対し自己新記録となる160キロをマークした。

西武・平良海馬【写真:荒川祐史】
西武・平良海馬【写真:荒川祐史】

7回無死満塁からロメロを160キロで空振り三振も…

■西武 – 楽天(19日・楽天生命パーク)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の平良海馬投手が19日、楽天生命パークで行われた楽天戦に7回途中から3番手として登板。無死満塁のピンチで対戦したロメロに対し自己新記録となる160キロをマークした。

 平良は2点リードの7回無死満塁の場面で3番手として登板。ロメロに対し1ボール2ストライクと追い込んでからの4球目。160キロの内角直球で空振り三振を奪った。これまでの最速158キロを2キロ更新する剛速球に球場はどよめき。

 だが、続く浅村に今シーズン初被安打となる中前2点タイムリーを浴びると、2死満塁から内田に右翼席へ満塁ホームランを献上し降板となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」