野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

1打席“2発”の珍事? DeNAソトが本塁打打ち直しでも文句なしの一発

2年連続セ・リーグ本塁打王のネフタリ・ソト内野手が19日、本拠地横浜スタジアムでの巨人戦の3回に、左翼席へ今季7号同点ソロ。この打席では、左翼ポール際へ放った一撃がいったん本塁打と判定されるも、巨人サイドのリクエストでリプレー検証され、一転ファウルに。その直後に生まれた“打ち直し弾”だった。

DeNAのネフタリ・ソト【写真:荒川祐史】
DeNAのネフタリ・ソト【写真:荒川祐史】

球場の映像では、ファンは判定通り「本塁打」を確信していたが……

■DeNA – 巨人(19日・横浜)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 2年連続セ・リーグ本塁打王のネフタリ・ソト内野手が19日、本拠地横浜スタジアムでの巨人戦の3回に、左翼席へ今季7号同点ソロ。この打席では、左翼ポール際へ放った一撃がいったん本塁打と判定されるも、巨人サイドのリクエストでリプレー検証され、一転ファウルに。その直後に生まれた“打ち直し弾”だった。

 1-2で1点を追う3回、先頭で打席に入ったソトは、カウント1-1から3球目のカットボールをとらえ、左翼ポール際へ高い放物線を描く飛距離十分の飛球を放った。三塁の山本貴塁審は本塁打の判定。球場内のビジョンに映し出された映像でも、打球はポールを巻いているように見え、スタンドのDeNAファンからは本塁打を確信する拍手が沸き起こったほどだった。ところが、リプレー検証後、意外にも有隅球審が一転「ファウル」の判定を下し、スタンドからはブーイングも沸き起こった。

 ソトの心中は穏やかでなかったはずだが、カウント1-2と追い込まれた状況で試合が再開されると、続く4球目の際どい外角球を冷静に見極めボール。さらにカウント3-2となった後、6球目のカーブを一閃すると、今度は低い弾道のライナーとなった打球が、入場制限により観客のいない左翼スタンドへ突き刺さった。大歓声を送ったDeNAファンは、1打席で2発見た思いだっただろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」