野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

消えた千載一遇の甲子園のチャンス…昨季道大会準V校が新たに抱く戦うことの意味

1年前の悔しさを晴らす時が来た。昨夏の南北海道大会決勝で延長14回の末、北照に敗れた札幌国際情報。日本ハムなどで投手を務めた有倉雅史監督が指揮を執るチームは、2000年の札幌南以来となる公立校の南北海道大会制覇をあと一歩で逃した。当時のバッテリーとクリーンアップが残るチームは今夏、再び頂点を目指す。

札幌国際情報の有倉雅史監督(中央)と選手たち【写真:石川加奈子】
札幌国際情報の有倉雅史監督(中央)と選手たち【写真:石川加奈子】

札幌国際情報は元日本ハムなどで投手だった有倉監督が率いる

 1年前の悔しさを晴らす時が来た。昨夏の南北海道大会決勝で延長14回の末、北照に敗れた札幌国際情報。日本ハムなどで投手を務めた有倉雅史監督が指揮を執るチームは、2000年の札幌南以来となる公立校の南北海道大会制覇をあと一歩で逃した。当時のバッテリーとクリーンアップが残るチームは今夏、再び頂点を目指す。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エースで4番を務める原田航介主将(3年)は、バッグに厳島神社の必勝しゃもじを忍ばせた。前主将の冨樫晋士さんが昨夏、携えていたものを託された。「去年は3年生に決勝まで連れて行ってもらいました。あの悔しさを晴らさないといけない。(自分たちが夏の甲子園)102回目の出場チームだったという形で終わりたいです」と夏季大会に向けて表情を引き締めた。

 投打で活躍した昨夏の決勝戦のことはあまり覚えていないという。前日の準決勝東海大札幌戦での128球1失点完投に続き、決勝も延長14回179球を一人で投げた。2点を追う土壇場の9回裏には自らの2点適時打で同点に追いつき、1万2000人の観衆の多くを味方につけた。だが、3-3で迎えた延長14回表2死二塁から内野の失策で決勝点を失い、力尽きた。1995年の開校以来初の甲子園、21世紀初となる公立校の南北海道制覇にあと一歩だった。

 そんな大仕事をしたにも関わらず「記憶があやふやなんです。それだけ高ぶっていたのかな。もしかしたらビデオを見ていないからかもしれないです」と原田は苦笑いした。いまだに振り返るのが辛いのだろうか。そう尋ねると「そういう訳じゃないんです。感傷に浸りたくなくて。もう、自分たちの代が始まっているので」と答えが返ってきた。雪辱だけを考えて過ごした1年間だった。

 1年春からベンチ入りした原田は、札幌から200キロ以上離れた様似町の出身だ。中学時代に在籍していた日高リトルシニアのチームメートである久保田廉太朗捕手(3年)、秋田真内野手(3年)とともに、札幌国際情報を受験した。当初は札幌の私立強豪校への進学も考えた。迷った末、プロの世界で8勝を挙げ、人間力野球を掲げる有倉監督の下で成長することを選んだ。短い高校生活の中で、少しでも多く試合に出たいという思いもあった。

 札幌国際情報受験を決めた原田は早速、塾通いを始めた。「推薦で受験したのですが、落ちたら一般入試を受けるつもりでしたし、入学してから勉強についていけるように」と準備を怠らなかった。有倉監督は「うちの強みはそこかな。声をかけられたからという理由ではなく、自分で決めて、勉強して入ってくる。だから(高校で)伸びるんじゃないですか」とうなずく。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」