「突き刺すようなスロー」で三塁へ… 鷹・柳田の“流れ変える”補殺をファン称賛

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史】

ノーバウンド送球でホームではなく三塁を補殺、チームは1点差で勝利した

■ソフトバンク 3-2 オリックス(19日・京セラドーム)

 驚愕の特大弾でファンを沸かせているソフトバンクの柳田悠岐外野手が、今度は守備で魅せた。19日のオリックス戦(京セラドーム)での三塁補殺を「DAZN」公式ツイッターが動画で紹介すると、ファンも「今日のターニングポイント」と称賛の声をあげている。

 2点リードの8回1死満塁の場面。ジョーンズのセンターへの打球は中飛となり三塁走者はタッチアップ。しかし、柳田は迷わずホームではなく三塁を狙った。強肩から放たれた送球はノーバウンドで三塁の松田宣のグラブへ収まり、走者の安達はタッチアウト。1点は許したが貴重なアウトを奪い、3-2と一点差での勝利につながる好プレーとなった。

 この送球にはファンも「突き刺すようなスロォ~~」「バケモンすぎて草」「さすが突き刺すようなスローマンじゃん」「今日のターニングポイント」「打ってよし、守ってよし」と絶賛。ソフトバンクはこれで3連勝。打撃だけではなく守備でもチームを支えている。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY