野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人岡本が4発11打点、阪神糸原&サンズが好調…セ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕を迎えたプロ野球。7月13日から7月20日までの第5週を終えて、開幕からちょうど1か月を経過。有観客試合が再開され、連日、熱戦が繰り広げられていた。

巨人・岡本和真、阪神のジェリー・サンズ、糸原健斗(左から)【写真:荒川祐史】
巨人・岡本和真、阪神のジェリー・サンズ、糸原健斗(左から)【写真:荒川祐史】

巨人が6連勝、阪神が5勝1敗と好調だったセ・リーグ第5週

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕を迎えたプロ野球。7月13日から7月20日までの第5週を終えて、開幕からちょうど1か月を経過。有観客試合が再開され、連日、熱戦が繰り広げられていた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ここでは、この7月13日から7月20日までのプロ野球第5週の選手成績を検証し、Full-Count編集部独自に週間ベストナインを選出。こちらは順位が大きく変動したセ・リーグ編だ。

【セ・リーグ現在の順位表】
↑1 巨人 24試合16勝7敗1分
↓2 ヤクルト 25試合13勝10敗2分 3.0
↑3 阪神 24試合12勝12敗0分 1.5
↓4 DeNA 26試合12勝14敗0分 1.0
↓5 広島 24試合9勝13敗1分 1.0
↓6 中日 27試合10勝16敗1分 1.0

【第5週セ・リーグ】
1 巨人 6勝0敗0分
2 阪神 5勝1敗0分
3 ヤクルト 2勝3敗1分
4 中日 2勝4敗0分
5 広島 1勝4敗1分
6 DeNA 1勝5敗0分

 第5週を終えたセ・リーグは、前週と比べて大きく順位が入れ替わる結果となった。第4週は1勝もできなかった巨人が6連勝とし、ヤクルトから首位を奪い返した。さらに阪神も5勝1敗と大きく勝ち越して最下位を脱出。勝率を5割に戻して3位まで順位を上げた。一方でDeNAと広島は1勝しかできずにそれぞれ4位、5位に順位を落とし、2勝4敗だった中日が単独最下位となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」