野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

セでは4球団で抑え交代の異常事態…チームの浮沈を左右する12球団の守護神事情

新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕を迎えたプロ野球。7月10日からは上限を設けた上で、ファンをスタンドに入れる有観客開催も再開された。開幕から約1か月が経過し、セ・リーグは巨人、パ・リーグは楽天が首位に立っている。

阪神・藤川球児(左)とDeNA・山崎康晃【写真:荒川祐史、津高良和】
阪神・藤川球児(左)とDeNA・山崎康晃【写真:荒川祐史、津高良和】

セ・リーグでは巨人、阪神、広島、中日で守護神が交代

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕を迎えたプロ野球。7月10日からは上限を設けた上で、ファンをスタンドに入れる有観客開催も再開された。開幕から約1か月が経過し、セ・リーグは巨人、パ・リーグは楽天が首位に立っている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ここまで各球団が25試合前後を戦ってきている。今季は3か月遅れで始まったこともあり、6連戦が続く過酷な日程に。特にパ・リーグでは同一カード6連戦という、これまでに例を見ない戦いを行っている。そこでここまでの各球団の戦いに注目。12球団のクローザー事情を見ていきたい。

【セ・リーグ】
1位 巨人(16勝7敗1分)
ルビー・デラロサ(6試合0勝0敗4S1H 1.80)左脇腹の故障で7月6日に登録抹消

中川皓太(10試合0勝0敗2S4H 0.90)

2位 ヤクルト(13勝10敗2分)
石山泰稚(12試合1勝1敗4S1H 3.86)

3位 阪神(12勝12敗0分)
藤川球児(5試合0勝2敗2S0H 15.75)7月12日に出場選手登録を抹消

スアレス(11試合0勝0敗4S3H 2.53)

4位 DeNA(12勝14敗0分)
山崎康晃(9試合0勝2敗6S0H 6.48)

5位 広島(9勝13敗2分)
スコット(6試合0勝2敗0S0H 22.50)7月3日に登録抹消、17日に再登録も20日に再び抹消

菊池保則(9試合0勝0敗1S2H 2.00)

6位 中日(10勝16敗1分)
岡田俊哉(14試合0勝2敗3S1H 3.86)

R・マルティネス(10試合1勝0敗2S4H 0.90)

 セ・リーグでは実に4球団で守護神が交代する事態となっている。開幕から守護神の座を守っているのはヤクルトの石山とDeNAの山崎の2人だけ。だが、山崎はここまで防御率6.48と不安定な投球が続いており、配置転換の可能性も囁かれている。山崎も守護神から外されると、実に5球団でクローザーが交代する異常事態となる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」