野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹は来日したデスパ&グラをどう使う? 栗原や上林の出番はどうなるのか

ソフトバンクは20日、キューバに一時帰国していたアルフレド・デスパイネ外野手とジュリスベル・グラシアル内野手が19日に来日し、20日に福岡市内の自宅に到着したと発表した。今後はNPBのガイドラインに沿って2週間の自宅待機期間を経てチームに合流することになる。

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ(左)とジュリスベル・グラシアル【写真:荒川祐史】
ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ(左)とジュリスベル・グラシアル【写真:荒川祐史】

NPBのガイドラインに沿って自宅待機期間を経てチーム合流となる

 ソフトバンクは20日、キューバに一時帰国していたアルフレド・デスパイネ外野手とジュリスベル・グラシアル内野手が19日に来日し、20日に福岡市内の自宅に到着したと発表した。今後はNPBのガイドラインに沿って2週間の自宅待機期間を経てチームに合流することになる。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 東京五輪のアメリカ大陸予選にキューバ代表として参加するために離日していたデスパイネとグラシアル。大会は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、それぞれが怪我を抱えていたためにキューバに戻って治療していた。その間に感染が拡大し、渡航が制限されてキューバを出国できなくなっていた。

 検査治療のために必要な一時帰国であったことから、再入国が許可されており、キューバ出国時、そして日本入国時にはPCR検査を受検し陰性判定を受けた。今後は2週間程度の自主隔離期間を経て8月3日前後にチームに合流すると見込まれる。そこから調整を進め、ファームでの実戦出場を経て1軍復帰となる。早くても8月中旬から下旬での1軍復帰となるだろうか。

 デスパイネとグラシアルの再来日によって、ソフトバンクの選手層はさらに厚みを増すことになる。2人を欠いた状態でここまで15勝11敗1分の貯金4、楽天に1ゲーム差の2位につけている。では、両助っ人が復帰したならば、どんな布陣になるのだろうか。

 現在のソフトバンクで想定されるオーダーは以下のようになる。

1(一)栗原陵矢
2(遊)今宮健太
3(中)柳田悠岐
4(指)バレンティン
5(左)中村晃
6(二)川島慶三
7(三)松田宣浩
8(右)上林誠知
9(捕)甲斐拓也

 このメンバーでも十二分に戦えそう、いや実際に戦えているのではあるが、ここにデスパイネとグラシアルが加わることになる。今季は栗原陵矢捕手が一塁および外野で成長を見せてレギュラーの座を掴んでいる。上林誠知外野手もここに来て状態を上げてきている。どの選手も外しがたい状況で、果たしてどこで2人を起用するするのか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」