野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

5位に沈む日本ハムの逆襲のキーマンは? 専門家の指摘は「2番が機能するか」

日本ハムは21日、敵地のPayPayドームでソフトバンクに2-1で逆転勝ちをおさめた。6回まで相手先発・千賀滉大投手に無失点に抑えられながら、7回に3連打を含む4本の長短打で一気に逆転。7回からは勝利の方程式がきっちり締め、カード初戦を快勝で飾った。

日本ハム・大田泰示【写真:石川加奈子】
日本ハム・大田泰示【写真:石川加奈子】

千賀を相手に3安打猛打賞と攻略の糸口を作った大田泰示

■日本ハム 2-1 ソフトバンク(21日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 日本ハムは21日、敵地のPayPayドームでソフトバンクに2-1で逆転勝ちをおさめた。6回まで相手先発・千賀滉大投手に無失点に抑えられながら、7回に3連打を含む4本の長短打で一気に逆転。7回からは勝利の方程式がきっちり締め、カード初戦を快勝で飾った。

「日本ハムにとっては、理想に近い勝ち方でしょう」。ダイエー、ソフトバンク、中日でコーチを務め、オリックスでは監督も務めた森脇浩司氏は、球界を代表するエースから奪った1勝の内容を評価する。

 勝負が決したのは7回。2死三塁から、1番・西川遥輝外野手が右翼フェンス直撃の適時二塁打を放って同点に。さらに一、三塁と好機が広がり、3番・近藤健介外野手が、2番手の嘉弥真新也投手からしぶとく右前に運んで勝ち越した。殊勲の一打を放った1、3番。ただ、森脇氏はその間をつなぐ2番・大田泰示外野手の存在を高く評価した。

 同点となった直後、千賀が1球目に投じた外角のカットボールに反応して左前へ。この一打が鷹のエースをマウンドから引きずり下ろした。この日は猛打賞の活躍。打率1割台と苦しみ、スタメンを外れることもあったが、福岡の地で復調の兆しを掴んだ。森脇氏も「ひとつのきっかけになるには、十分だったと思います」とうなずく。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」