秋山翔吾の“初アーチ”、地元メディアは長打力に驚愕「5人の中で一番デカい当たり」

レッズ・秋山翔吾【写真:AP】
レッズ・秋山翔吾【写真:AP】

ベル監督、地元メディアも「1番・秋山」の活躍を絶賛

 レッズの秋山翔吾外野手は21日(日本時間22日)に行われたタイガースとのオープン戦で“メジャー初本塁打”を放ち4打数1安打3打点。「1番・左翼」でスタメン出場し結果を残す日本人ルーキーに地元メディアは「彼の一発は今夜の中で1番デカい当たりだったかもしれない」と賛辞を送っている。

 秋山は3点ビハインドで迎えた5回に中堅バックスクリーンへの特大の同点3ランを放ち存在感を示した。試合後、デビット・ベル監督も「本当にプロフェッショナルだ」と評価したが、地元メディアも秋山の活躍に驚きの声を上げていた。

 地元紙「デイトン・デイリーニュース」もトップバッター・秋山から始まるオーダーに「レッズは開幕戦を思わせるラインナップだった。その中でも注目は『1番・左翼』のアキヤマだった」と絶賛。この日はレッズが5本塁打を放ったが地元メディア「シンシナティ.com」は「彼の一発は今夜の中で1番デカい当たりだったかもしれない」と長打力も発揮したルーキーを称えていた。

 3日後に迫った開幕に向け好調をキープし、日本でも定位置だった「1番」がほぼ濃厚となった秋山。レッズの核弾頭として地元メディアも大きな期待を込めている。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY