野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武辻監督、先発の高橋光に今季最多120球投げさせた“親心” 「全体的に良かった」

西武は22日、本拠地メットライフドームで行われたロッテ戦に1-2で敗れ、勝率5割に逆戻りして4位に転落。山賊打線がロッテ先発の左腕・小島の前に、7回途中まで5安打1得点と沈黙した。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

149キロのラストボールでピンチ脱出「自信につなげていい」

■ロッテ 2-1 西武(22日・メットライフ)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 西武は22日、本拠地メットライフドームで行われたロッテ戦に1-2で敗れ、勝率5割に逆戻りして4位に転落。山賊打線がロッテ先発の左腕・小島の前に、7回途中まで5安打1得点と沈黙した。

 2点ビハインドの6回には1死一、二塁の好機に森が打席に入り、小島初球のスライダーを引っ張ったが、二ゴロ併殺。昨季打率.329で首位打者に輝いた森が、この日も4打数ノーヒットで今季.247と不振にあえいでいる。辻発彦監督は試合後、「少し元気がないかな」と嘆いた。

 西武先発の高橋光も、7回で8安打を浴びながら2失点と好投したが、5回1死三塁の場面で、自らの暴投で先制点を許したのが痛恨。続く6回には井上にバックスクリーンへ5号ソロを放り込まれた。

 ただ、2点ビハインドの7回に1死一、二塁とされ、続いて2死満塁のピンチを招いても、辻監督は続投を指示。最後は4番・安田を今季最多の120球目の149キロ速球で中飛に仕留め、この回を無失点で切り抜けた。指揮官は「ホームランは痛かったが、全体的に良かった」と評し、高橋光も「7回のピンチを抑えることができたのは、自信につなげていいと思いました」と納得の表情だった。

 高橋光は今季開幕から2連勝の後、3連敗。さらに2013年夏の甲子園優勝投手の高橋光が、同年春の選抜優勝投手の小島に投げ負けた格好となったが、辻監督が絶体絶命のピンチにも続投させた“親心”が、大器の開花につながるか。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」