野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 最下位転落の広島、3連覇した“黄金期”との違いは…専門家「これが本当にカープかと」

最下位転落の広島、3連覇した“黄金期”との違いは…専門家「これが本当にカープかと」

広島は22日、甲子園での阪神戦に3-3で引き分けた。1点を追う9回に逆転しながら、その裏に抑えの菊池保がリードを守れず。中日が勝ったため、最下位に転落した。

広島・佐々岡真司監督【写真:荒川祐史】
広島・佐々岡真司監督【写真:荒川祐史】

今季初登板の野村は好投で「上々」、野口寿浩氏は「大きなプラス」と評価も打線は…

■阪神 3-3 広島(22日・甲子園)

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 広島は22日、甲子園での阪神戦に3-3で引き分けた。1点を追う9回に逆転しながら、その裏に抑えの菊池保がリードを守れず。中日が勝ったため、最下位に転落した。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2018年までヤクルトで2年間、バッテリコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、今季初登板初先発で6回1失点と好投した野村の“復活”を「(チームにとって)すごく大きなプラスです」と評価。一方で、リーグ3連覇を達成した2016~18年の“黄金期”と比較し「これが本当にカープかと思ってしまう」とチーム状態の悪さを指摘した。

 勝ちきれなかった。1点を追う9回、広島は阪神・大山の失策で同点に追いつくと、代打・會澤のタイムリーで逆転。しかし、その裏に登板した抑えの菊池保が2死二塁から近本に右翼への同点打を浴びた。延長10回はDJ・ジョンソンがピンチを迎えながら無失点に抑えたものの、9回はあと1死で勝利というところまで来ていただけに、もったいない一戦となった。

 数少ない収穫は野村の好投だ。負傷で出遅れていた右腕は6回5安打1失点とゲームを作った。野口氏は「上々でしたね。テンポも良かったですし、コントロールも良かった。序盤はカウント球で甘いボールがありましたけど、回を追うごとになくなっていきました。いい意味で野村らしかった。良くも悪くも、ある程度は点を取られながらも要所は抑えていくというピッチャーですから。これをどれだけ継続していけるかだけだと思うので、次回登板に期待したいです」と称賛。広島は投手陣が厳しい状況だけに「野村が先発ローテで回ってくれればものすごく大きい。すごく大きなプラスです」と期待を寄せた。

 一方で、最下位に転落したチームの状態の悪さについては首をかしげる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」