野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ1本に絞った北海道No1右腕 最速148キロで挑む甲子園は「一番のアピールの場」

昨秋の明治神宮大会で4強入りした白樺学園のエース、片山楽生(らいく)投手(3年)が甲子園交流試合での快投を誓っている。最速148キロを誇る道内高校生No.1右腕の希望進路はプロ一択。6月2日の全体練習再開以降、毎週のようにプロのスカウトが視察に訪れる中、甲子園で評価を一気に上げるつもりだ。

白樺学園・片山楽生(らいく)投手【写真:石川加奈子】
白樺学園・片山楽生(らいく)投手【写真:石川加奈子】

昨秋神宮大会4強入り、白樺学園のプロ注目エース片山楽生投手

 昨秋の明治神宮大会で4強入りした白樺学園のエース、片山楽生(らいく)投手(3年)が甲子園交流試合での快投を誓っている。最速148キロを誇る道内高校生No.1右腕の希望進路はプロ一択。6月2日の全体練習再開以降、毎週のようにプロのスカウトが視察に訪れる中、甲子園で評価を一気に上げるつもりだ。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 来月18日、甲子園で山梨学院と対戦することが決まった。強力打線とのマッチアップを熱望していた片山は「甲子園は一番のアピールの場。強豪校にベストでぶつかりたい」とはやる気持ちを抑えきれない。

 昨秋の明治神宮大会でドラフト候補に名乗りを挙げた。初戦の国士舘戦に先発して8回1/3を6安打3失点(自責2)、準決勝の健大高崎戦は6回から2番手で登板し4回4安打1失点と好投。「困ったらインコース」と強気な内角攻めが光った。

 研究熱心で自己分析能力の高い投手だ。昨秋全道大会決勝の札幌日大戦で4回途中9安打6失点と打ち込まれると、フォームの見直しに着手。「上半身が縦振りで下半身が横振りだった」と噛み合っていない原因を突き止め、わずか1か月できっちりと修正してみせた。

 明治神宮大会後は「張られても打たれない真っすぐとウイニングショット」を追求し一冬を過ごした。体を大きくするために朝食で800グラム、夕食で1500グラム以上の米を食べるノルマを自らに課し、昨秋72キロだった体重は現在81キロ。「試合後には2キロ減るので、一番つらいトレーニングです」と言いながらシーズンインした今も同じ量を食べて81キロをキープしている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」