全てを惑わすジャイアンツ右腕の“クネクネ投法” ファン爆笑「酔ってるだろ」

ジャイアンツのジョニー・クエト【写真:AP】
ジャイアンツのジョニー・クエト【写真:AP】

ジャイアンツの開幕投手・クエトが健在の“クネクネ投法”で4回5安打1失点

■ドジャース 8-1 ジャイアンツ(日本時間24日・ロサンゼルス)

 ジャイアンツのジョニー・クエト投手が23日(日本時間24日)、敵地でのドジャースとの開幕戦に登板し4回5安打1失点の好投を見せた。日本でもよく知られる体をクネクネさせる独特な投球フォームは健在でファンも「なんでこれがボークにならない」「酔ってるだろ」と爆笑している。

 打者に対して背中を向け、体をクネクネと捻る個性派右腕が開幕のマウンドで“躍動”した。トルネード気味で投げたかと思いきや、絶妙な捻りを加えタイミングをずらす。通算126勝を誇るベテラン右腕がドジャース打線を1失点に封じた。

 待ちに待ったメジャー開幕の舞台で見せたクエトの投球に「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏も注目。

 3つの投球モーションでタイミングをずらしたことが鮮明に分かる動画を公開し、これにはファンも驚きの声を上げている。

「なんでこれがボークにならないのかいまだによくわからない」

「クエト、酔ってるだろ」

「彼を待っていた!」

「当てることすら難しいね」

「ジョニー・クエトのブルース・リー的投法」

「惑わされるね」

 クエトは2018年の8月にトミー・ジョン手術を受け昨季は4試合の登板に終わっている。完全復活をかけて挑む2020年シーズンは“クネクネ投法”で再び球界を沸かす。

【動画】「なぜボークにならない」「酔ってるだろ」とファンも爆笑 ジャイアンツのベテラン右腕クエトが開幕戦で見せた“クネクネ投法”の実際の映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY