常総学院が3回戦敗退 プロ注目の二枚看板・菊池&一條の夏終わる、共に大学進学へ

常総学院・一條力真【写真:佐藤佑輔】
常総学院・一條力真【写真:佐藤佑輔】

菊池が3回に1死満塁で緊急登板も3失点、卒業後は揃って大学進学を志望

 高校野球茨城代替大会は24日、ノーブルホームスタジアム水戸で3回戦が行われ、プロ注目の二枚看板、菊池竜雅投手と一條力真投手を擁する常総学院は2-3で多賀に敗れた。

 先発の市村大翔が2回を3安打無失点に抑えるも、3回に2番手遠藤孔太が連打から死球を与え1死満塁のピンチを招く。ここで菊池がマウンドへ向かうも、相手の7番小林裕二の2点適時打などで3失点。打線は終盤7回、8回に1点ずつを返し1点差まで詰め寄るも、相手エース神永耀成を前にあと一本が出なかった。

「ピンチでマウンドに上げさせてもらって0点に抑えられなかった自分自身の責任。まだまだ自分が未熟だった」と菊池。9回に4番手で登板し1回1安打無失点の一條は「悔しいしかない。しょうがないです。完全燃焼できた? 正直まだわからないです……」と肩を落とした。

 プロからも注目を集めていた両右腕だが、2人とも卒業後は大学進学を志望。佐々木監督は「スカウトの方からも今年は通常のドラフトにはならないかもしれないと言っていた。2人ともそれならば大学でワンクッション置いてからと決断しました。コロナがなければ? そういう面はあるかもしれません」と話した。

(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY