野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

今季初の単独首位浮上 鷹・工藤監督はなぜ4番中村晃&5番栗原にしたのか?

ソフトバンクは24日、本拠地PayPayドームで行われた日本ハム戦に4-1で逆転勝ちし、今季初の単独首位に浮上した。1点を先制されたが、3回に3番柳田、4番中村晃の連続適時打で3点を奪って逆転に成功。6回には栗原が25打席ぶりの安打となるソロを放ってダメを押した。

ソフトバンク・中村晃(左)と栗原陵矢【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・中村晃(左)と栗原陵矢【写真:藤浦一都】

3回のチャンスで勝ち越しの適時二塁打を放った4番中村晃

■ソフトバンク 4-1 日本ハム(24日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクは24日、本拠地PayPayドームで行われた日本ハム戦に4-1で逆転勝ちし、今季初の単独首位に浮上した。1点を先制されたが、3回に3番柳田、4番中村晃の連続適時打で3点を奪って逆転に成功。6回には栗原が25打席ぶりの安打となるソロを放ってダメを押した。

 勝負を決めたのは4番のバットだった。3回。先頭の周東が右前安打で出塁すると、今季初の盗塁を決めて二塁に進んだ。1死となり、今宮が右前安打で繋ぐと、柳田が左前へと落とす適時打で同点に。さらに7試合連続で4番に座る中村晃が左中間を破る2点適時二塁打。これが決勝打となった。

 7月17日にプロ初の4番に起用された中村晃。そこから7試合続けて、その位置に座る。本来は決して“4番タイプ”とは言えない中村晃をなぜ、工藤監督は4番に据えるのか?

「決勝打に繋がったところですけど、本来は繋ぎの4番。柳田くんが出て、粘られて粘られて四球というのが1番ピッチャーとしてもイヤですし、それに1番長けているのは中村くんだと思っている。チャンスを広げてもらう、というのが得点の可能性が広がっていく。そこを頑張って欲しい」

 工藤監督の思惑としては、決して4番・中村晃はポイントゲッターではない。5割近い出塁率を誇る柳田が塁に出た後、さらに相手投手にプレッシャーをかけてチャンスを拡大できるのは誰なのか。まさに“繋ぎの4番”として中村晃をそこに据えている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」