野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「ニールで負けたら大変だ」 西武・辻監督が語る負けない助っ人右腕の“魔力”とは

西武は24日、本拠地メットライフドームで行われたロッテ戦で、同点で迎えた9回に外崎が適時打を放ちサヨナラ勝ち。先発のザック・ニール投手は6回を6安打2失点に抑えたが、勝ち負けは付かず、外国人タイ記録の「14連勝」への挑戦は次回登板へ持ち越しとなった。それでも21戦連続負けなしの“不敗神話”は続いている。

24日のロッテ戦に先発した西武のザック・ニール【写真:宮脇広久】
24日のロッテ戦に先発した西武のザック・ニール【写真:宮脇広久】

ロッテ戦で6回6安打2失点、内野ゴロの山を築き抜群の安定感を誇る

■西武 3-2 ロッテ(24日・メットライフ)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 西武は24日、本拠地メットライフドームで行われたロッテ戦で、同点で迎えた9回に外崎が適時打を放ちサヨナラ勝ち。先発のザック・ニール投手は6回を6安打2失点に抑えたが、勝ち負けは付かず、外国人タイ記録の「14連勝」への挑戦は次回登板へ持ち越しとなった。それでも21戦連続負けなしの“不敗神話”は続いている。

 18のアウトのうち、レアードの二ゴロ併殺打を含めて内野ゴロが半分の9を占め、三振が4、外野フライが3、盗塁死が1。ツーシーム、カットボール、チェンジアップを駆使し、球を小さく動かして打たせて取る、持ち味が存分に生かされた内容だった。ニール自身「調子自体良くて、思うところにボールをコントロールできていた」と満足げなコメントを残した。

 ニールは来日1年目の昨年、2試合目の登板だった4月9日・楽天戦(県営大宮)で敗戦投手となったが、中6日で同16日にも楽天戦(楽天生命パーク)に先発し、5回3失点で勝敗は付かず。この試合以降、足掛け2年、21試合連続で負け投手になっていない。その間、13勝無敗。もう1つ勝って14連勝となれば、2016年のソフトバンクのバンデンハーク、同年の巨人のマイコラスと並び外国人タイ記録となる。

 辻監督は試合後、「ニールが投げた以上は負けられない、という気持ちが強かった。ニールが投げれば負けないという“神話”だけは、ずっと持っていきたい」とナインの思いを代弁した。“不敗神話”が長く続いている事実が、味方に自信を与え、さらに「ニールで負けたら大変だ」という危機感もあおり、記録が継続する一因になっているといえるだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」